★★出荷お休みのお知らせ---
現在、休みの予定はございません。皆様のご利用をお待ち申し上げております★★

−−−メールアドレスのお間違いと、受信設定にご注意下さい−−−
ご注文後、遅くとも数分以内にご注文受付確認のメールが届かない場合、ご入力いただきましたメールアドレスのお間違いがないか、また受信設定が当店のメールを受信可能かどうか、ご確認下さいませ。当店からご連絡を差し上げる事が出来ず、ご心配・ご迷惑をお掛けしてしまいますので、お気付きの際はご一報いただけましたら幸いです。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

−○−○−○−○−○−○−○−○−○−○−○−○−
カートの中身を見る

» カートの中身を見る

名前

美軌模型店の待合室

メモ

一緒に模型作りを楽しみましょう!ブログで工作記や、ショップ情報・新製品情報などを書いてまいります。


店長日記はこちら

初めての方へ
Nゲージステッカー「L’x」(ルクス)スペシャルページ
L'x(ルクス)製品リスト2
L'x(ルクス)製品リスト3
サイトマップ
★★みんなの工作室★★ きらめきライト「水平型&垂直型」編!!
購物流程(中文)
★★みんなの工作室★★ ディテールアップ編!!
★★みんなの工作室★★ 集電加工&電子工作編!!
★★みんなの工作室★★ きらめきライト「ピコ&ピコデュアル」編!!
★★みんなの工作室★★ きらめきライト「室内灯&Bトレイン」編!!
T車集電加工セットN 軸距16.5mm用
型番 NE-A165
販売価格

430円(税込464円)

購入数


これ1組で、簡単集電加工!
さまざまな車両を点灯化させる、強力お助けパーツです。


● 組上げ済の台車集電板4枚と、車体側に取り付ける集電シュー2個×2組のセットです。
この1セットで、ボギー車の両側台車集電で1両分、または片側台車集電で2両分を加工できます。

● 台車は、お手持ちの台車枠に穴をあけて、取り付けるだけ。簡単加工でお楽しみいただけます。
(車輪は中空軸タイプをご使用下さい。片側絶縁タイプは、お使いいただけません。)

● 構造はシンプルで、ある程度の寸法誤差があっても性能を発揮するように考案しています。
シビアな調整は要りませんので、初心者から上級者まで、お気軽にチャレンジしてください。
床下の表面に集電シューを貼る方式ですので、床板側の加工も簡単です。


● また構造上、メリットがたくさんある集電方式です!
・車重が集電板から車軸に直接乗るので集電性能が非常に良好です。
・軸径の細いピボット部分に集電板が当たるので、内側の車軸に当てる方式より走行抵抗が少なく済みます。
・取付後のメンテナンスも、台車を外すだけで手が届きますから、手間がかかりません。

● こちらの製品の軸間距離は 16.5mm です。お手持ちの車両に合わせてご利用ください。

※参考:軸間距離の対応めやす
(数個のサンプルを実測したものです。ご購入時には、お手元の車両を必ずご確認ください)

・国鉄新性能車両の規格のもの(DT21、DT22など/おおむね101系電車、キハ10、10系客車以降)
グリーンマックス13.5mm、トミックス、鉄コレ、カトー 14.0mm

・旧型車両のもの(DT11、TR23など/おおむね80系以前の電車、旧型客車など)
グリーンマックス 16.5mm、トミックス、鉄コレ、カトー 16.0mm

● 仕様
台車集電板 材質:燐青銅 軸間距離 16.5mm
床板集電シュー 材質:燐青銅(配線部:銅)、配線の長さ 約13cm

● 使用上のご注意(ご購入前に必ずお読み下さい)

・本製品に説明書は付属しません。
使用方法につきましては、このページ下部の「使い方」をご参照下さい。
・工作中や使用中の、本製品や模型車両その他の汚損・破損などにつきまして、当店は一切の責任を負うことはできません。
製品の特性を良くご理解いただき、安全にご利用下さいますよう、お願い致します。
・配線の際、絶縁対策は万全を期して下さい。ショートさせたまま使用しますと、当製品や他部品・電源の破損等、
思わぬ事故を招く恐れがあります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● 使い方(両台車集電として使う例)

・台車集電板の装着・・台車枠の梁の端部中央に、通電バネを通す穴をあけてご使用ください。
梁の付け根に突起物がある場合は、適宜取り除いて、集電板が入るように加工します。
バネの直径は2.0mmですので、少し大きめのドリル刃をお使いいただくか、開孔後に刃を滑らせて、穴を広げて装着してください。
・車軸を通す穴は、車軸への接触面積を広く取るため、加工時のバリを残してあります。
台車枠や車輪の寸法に応じて、適宜削り落として使用しても差し支えございません。
・車輪は、片側絶縁タイプのものはお使いいただけません。中空軸タイプのものをお使いください。
車輪が薄く、ピボットの長いタイプがおすすめです。(例・カトー 11-605 など)


・床板集電シューの装着・・台車ボルスタ両側に、台車側の通電バネが当たるように接着します。


・両側の床板集電シューを繋いでいる銅線は、長さに余裕がありますので、残りの部分は
お好みに合わせてライトユニットの接続にご活用ください。

弊社発売の「きらめきライト」シリーズをお使いいただきますと、銅線どうしを撚り合わせて
簡単に接続することも可能です。
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける