★★出荷お休みのお知らせ---
2017年11月15日〜20日、出荷業務をお休みさせていただきます。
ご注文の受付は通常どおり対応致します。
11月14日午後以降のご注文・ご決済分は11月21日より順次出荷となります。何卒宜しくお願い申し上げます。

−−−メールアドレスのお間違いと、受信設定にご注意下さい−−−
ご注文後、遅くとも数分以内にご注文受付確認のメールが届かない場合、ご入力いただきましたメールアドレスのお間違いがないか、また受信設定が当店のメールを受信可能かどうか、ご確認下さいませ。当店からご連絡を差し上げる事が出来ず、ご心配・ご迷惑をお掛けしてしまいますので、お気付きの際はご一報いただけましたら幸いです。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

−○−○−○−○−○−○−○−○−○−○−○−○−
カートの中身を見る

» カートの中身を見る

名前

美軌模型店の待合室

メモ

一緒に模型作りを楽しみましょう!ブログで工作記や、ショップ情報・新製品情報などを書いてまいります。


店長日記はこちら

初めての方へ
Nゲージステッカー「L’x」(ルクス)スペシャルページ
L'x(ルクス)製品リスト2
L'x(ルクス)製品リスト3
サイトマップ
★★みんなの工作室★★ きらめきライト「水平型&垂直型」編!!
購物流程(中文)
★★みんなの工作室★★ ディテールアップ編!!
★★みんなの工作室★★ 集電加工&電子工作編!!
★★みんなの工作室★★ きらめきライト「ピコ&ピコデュアル」編!!
★★みんなの工作室★★ きらめきライト「室内灯&Bトレイン」編!!
★★みんなの工作室★★    
ディテールアップ編!!


このコーナーでは、皆様がブログでご紹介くださった記事や
お寄せいただいた工作記事を紹介してまいります!
作り方や使い方、ステッカーの貼付レビューなど
工作のご参考に、ぜひぜひご覧になってみて下さい(^^)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※おことわり
オンラインショップ「手作り鉄道模型 きらめき工房」は
2014年4月にて閉店いたしました。
皆様の文中にある発売元や価格は、当時の記述もございます。
現在はこちら美軌模型店にて
各製品とも製造販売しております。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
☆☆ このページをご覧の皆様にお願い(*^^*) ☆☆
私・美軌模型店店主も、皆様と一緒になって
いち模型ファンとして交流を深めたい気持ちなもので
ちょっとだけ仕事モードの言葉遣いを外させてくださいね^^


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
工作記大募集中!!

当店で販売しております電子部品やパーツになんとなく関係する工作であれば
ジャンルやゲージは問いません。
灯火類の自作、「きらめきライト」の取付、ステッカーの貼付などなど、何でも結構です!

ブログやSNSに記事をお書きの方は、URLを当店メールにてお教えください。
ネット上に発表なさっていない方は、写真と文章を添えて、メールにてお送り下さい。
このページと、当店ブログ「美軌模型店の待合室」で、記事を紹介させていただきます。

そして、ご応募くださった方には、もれなく次回ご注文時に粗品を進呈致します!
(ご注文の際、備考欄でブログ名・ハンドルネームをお教えください)

それでは、皆様からのお便りをお待ち致しております(^^ゞ

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● お題:マグネット工作・交換式ヘッドマーク

★★ マイクロエース 小田急60000 貫通扉着脱化
作者:しまっちさん  ブログ:『しまっち』の落書帳〜っ♪NEXT
直球ストレートの感想は「おおっその手があったか!!」です。最近実物に
面白い構造の先頭車貫通扉が増えてくるにつれ、どうしても引っ掛かってくるのが

両面テープによる後付けパーツの貼付けです。ネオジム磁石を使い、そのうえ
着脱式になさったアイディアはまさにコロンブスの卵ですね!


★★ カトー EF81 81 着脱式日章旗
作者:緩るの時さん  ブログ:「緩行線」
同じカトーのEF58 61 のASSYパーツを小加工してサイズを合わせ、車体側に「交換式
ヘッドマーク」のネオジム磁石を、そして日章旗の旗の裏側にステンレステープを貼って
着脱式とした作品です。0.5mm厚のネオジム磁石はテールレンズパーツよりも薄く、
収まりにはお困りでなかったそうです。両側2個に磁石配置で座りも安定していますね!



★★ カトー C59 交換式ヘッドマーク装着
作者:横コツK57さん  ブログ:「国府津ファインテックブログ支所」
企画販売している私本人が全く思いつかない事を、お客様というのは本当に色々と
気付いて使いこなしてくださるものですね!蒸機のココにステンレステープが貼れると
思ったこともないので、こうしてヘッドマークを掲げていると感慨深いものがあります。
これで、他の列車も思う存分牽引出来るようになりますね!




★★ 北斗星・夢空間・トマムスキー 
作者:Kwさん  投稿作品:美軌模型店ブログに代掲しました
「L’x(ルクス)」収録のヘッドマークを使用した製作例です。先にステッカーをプラ片に貼り、
カッターとヤスリで仕上げる方法で、きれいな円形に作っておられます。いやぁ、正直な話、
私の思惑以上に綺麗ですね(*^^*)。車両セットの付属品を紛失するとショックですから、
普段使いにチョイと「L’x(ルクス)」で作っておくのは、おおいにアリですね。



★★ トミックスEF81 交換式ヘッドマーク装着
作者:pre7012さん  ブログ:「平日の屋根裏」
「L’x(ルクス)」+4.5mmネオジム磁石の黄金コンビでHMを作成。
さすがに両面テープで固定するのは躊躇するようなマークも、交換式なら
いくらでも楽しめますよね。私も逆にピンク釜のトワイライトで遊んでますから
なんだかとっても気持ちのわかる写真でございました(*^^*)



● お題:Nゲージステッカー「L’x(ルクス)」

★★ トミックス183系+カトー181系
作者:pre7012さん  ブログ:「平日の屋根裏」
デフォルトのHMの色が薄いのがイマイチ、ということで「L’x(ルクス)」に
貼り替えた作品。どうも色々調べてみると、最近リバイバルで走った時のマークが
こんな左側の薄緑だったようですね。現役時代を知る者としましては、やはり濃い
方が感じが出るかな?模型的にも、見やすいというのはありますね。

★★ カトー 485系
作者:pre7012さん  ブログ:「平日の屋根裏」
大がかりな塗装の手入れを中心に仕上げた仙台国鉄色編成。タネ車自体が四半世紀
を経て熟成された美しさもあり、屋根と床下の塗装がその存在感を引き立てています。
細部の相違を割り切った好ましい作品。仕上げに「L’x(ルクス)」で「あいづ」

に仕立て、東北ムード満点ですね^^


★★ カトー 485系
作者:ワイプさん  投稿作品:美軌模型店ブログに代掲しました
徹底的なウェザリングと内装のディテール作りで往年の「やまびこ」を再現
した作品です。方向幕とサボ類のステッカーを活用していただきましたが、
国鉄時代フルに活躍し、戦い抜いているかのような外装の雰囲気は特筆もの
ですね。床下のパイピングや色入れにもご注目!


★★ カトー 183系
作者:ヨハン・ジュニアール5世さん  ブログ:「駄文」
あずさといえば新宿発。その固定観念を打ち破る列車は、実在していました。(今は
どうかな?) こういう行先をお楽しみいただきますと、ステッカー屋冥利に尽きますね!
指定席サボと号車番号札も「L'x(ルクス)」をお使いになり、先頭も「きらめきライト」で
LED化された作品。旧製品リニューアルの王道で存在感アップ!


★★ マイクロエース 789系
作者:キタキツネ2号さん  ブログ:「kuroha789の鉄分日記」
印刷済み方向幕があるのに、「L’x(ルクス)」に替える意味はあるのか?
ズバリ答えは「あります!!」です!実は、印刷表現はインク膜が非常に薄いため、
うしろから照らすとスケスケで潰れてしまうのです。特に電光表示タイプは
効果てきめんです。非常に効果が判りやすい好例。室内灯も綺麗ですね(*^^*)




★★ カトー クハ16
作者:nari-masaさん  ブログ:「新湘南電鐵 横濱工廠2」
ガラスパーツの切り離しによって各部分の遮光を行い、運行番号表示器を点灯化、
ステッカーも光を透過する「L'x(ルクス)」に交換。ステッカーも裏側の少し引っ込んだ
位置に貼ることで、明るさとともにムードを演出しています。ガラスの奥に番号が
掲示してある雰囲気がいいですね!薄手のポリカ窓ガラス、面目躍如です^^



★★ カトー 80系
作者:nari-masaさん  ブログ:「新湘南電鐵 横濱工廠2」
「少し引っ込んだ感じの」「ボーッとした明かりの」運行番号表示は、旧型国電にとって
あまりにも特徴的な部分ですが、完成品の状態ではあまり重視されていないですよね。
しかし、無いものを作ってしまうのが、私たちモデラー魂です!透明プラ棒を使った
面白い導光方法と、減光して旧国らしく仕上げた趣が素敵です。 


★★ カトー 103系 着脱式線名看板装着
作者:yururunotokiさん  ブログ:「緩行線」
103系の最後まで、比較的長くこの2色が見られた印象のある横浜線。お手持ちの
車両を山手線や京浜東北線と共用してお使いのため、この特徴ある「横浜線」の
前面看板を着脱式になさった作品です、車体側の加工を一切せずに磁石を取付けた
工作の様子が解りやすい記事、ぜひご一読あれ(^^)



★★ トミックス 115系
作者:reiji(GS)さん  ブログ:「大人になれないオヤジたち」
人形に目玉を入れるように、行先表示を入れたとたんにリアリティが増す、という
至極名言を仰った作品^^。こうしてこの写真を眺めているだけで、昔、立川や
高尾でこれを見て「これに乗ってどこかに行きたいなあ」と思った記憶が蘇ります。
方向幕とは、そういうものかもしれませんね!




★★ カトー 113系
作者:c62swallowさん  ブログ:「燕雀鉄道白津機関区活動日誌」
すでにサイズ等々の適合性については実績のあるカトー近郊電車ですが、こういった
行先や種別を楽しんでいただけますと「L'x(ルクス)」も開発冥利に尽きますね(*^^*)
作品は通勤快速の静岡行きを再現、ステッカーの幕表現とともに、車番も変更して
往年の静岡地区で活躍した6両編成を仕立てておられます。



★★ カトー 113系
作者:管理局長さん  ブログ:「北海鉄道建設記」
前面の種別表示のところにラインカラー入りの行先表示が入ったなあと思ったら、
ついに113系も歴史の1ページに刻まれてしまいましたね。この製品はおでこの
種別表示が抜けていないのですが、パッと見より彫りが深いようで、ステッカーを
貼ると少し奥まった感じがするのはナイスです。



★★ グリーンマックス 211系
作者:ドラ吉さん  ブログ:「ひまつぶし全力模型」
これ、どこのメーカーの211なんだ??と、思ったあなた。正解はGMの板キットです!
どこかで見覚え、あるはずもないですよね!キットを組めば、この世にふたつと存在しない
自分だけの愛車を手に入れることになるのです(*^^*)念入りに製作している中、なかなか
シブいステッカーをお使いいただきました。表示器は点灯化加工されています!


★★ カトー 313系
作者: 胃薬さん  投稿作品:美軌模型店ブログに代掲しました
平成の東海地方の主力で、人気も絶頂の313系。こちらは「いつもお世話になっている車両」
ということで、地元の方の作品です^^。2両から長編成まで、さまざまなシーンで活躍する
車両ですので、確かに行先も色々と楽しめますね。番台によって幕式と電光式を使いこなして
おられるあたりにも、この車両の面白さが垣間見られて、楽しい雰囲気が伝わってきます(*^^*)






★★ カトー 313系
作者:京橋行き 東西快速さん  ブログ:「片町線民のブログ」
東海エリアを縦横無尽に走り回る313、ステッカーも実は人気商品だったりします。あまりにも
実物の運用も行先も多彩なので、デフォルトでは楽しくないなあという方が多いのでは?と
勝手に想像する次第^^。文中、「ワンマン普通がないorz」とのご意見・・すみません!!これ、
2行だとあまりにも字が小さくなって、うまく作れなかったんです(>_<) また頑張ります!


★★ カトー 313系
作者:鶴見さん  ブログ:「鶴見観察記」
同じく313系からもう一題。同じメーカーの同じ系列ですから、番台が違ってもこういう基本寸法は
変わらないと思って大概大丈夫ですよね。こちらは「セントラルライナー」に仕立てておられます。
こうして見ると派手派手のオレンジラッピングもなかなかサマになってますよね。中央西線の
坂を攻めるなら、これくらい速そうなカラーリングの方が似合うと思います^^


★★ マイクロエース 721系
作者:エンゼル・エクスプレスさん  ブログ:「エンゼル・エクスプレス」
新潟県民なのでコッチの目線で失礼します^^北海道に飛行機で行けば、少なくとも
千歳までは世話になるのがこの車両。恵庭から上野幌あたりで早くも内地と違う
景色を目の当たりにしながら、これからの旅を・・以下略(笑)、・・・という具合に
語りたくなるほど、ステッカーを貼っただけで列車に魂が宿るかのようです。


★★ マイクロエース E721系
作者:鶴見さん  ブログ:「鶴見観察記」
良いところに良いネタをいただきました^^ 上が721系、これがE721系。分割民営化後、
東日本の新型車に私は「Eなんて付けて呼ぶのがめんどくさい」とか言って鉄仲間にバカに
されてたんですけど、この車両を機に改心したのでした。だって、別物ですもんね(笑)


★★ トミックス キハ82
作者:北の風さん  投稿作品:美軌模型店ブログに代掲しました
トミックスのキハ82を、石勝線開業前の特急「おおぞら」10両編成に仕立てた作品。
印刷済みで気軽に特定編成を楽しめるのも良いのですが、やはり好みにカスタマイズ
できるのは印刷の無い製品ですね(^^)。作者様模型歴が短いとの事ですが、非常に
綺麗に貼られたステッカーに実は工法の 秘技がありました。どうぞ記事をご覧あれ!


★★ カトー キハ82
作者:くさたんさん  ブログ:「鉄道に萌え」
顔を綺麗にして美しく見せるのが女性のメイクだとすれば、模型のお化粧は汚して美しく!
昭和の終わり頃を彷彿とさせる、働く姿となりました。ステッカーに「L'x(ルクス)」を使用。
ステッカー貼付後にウェザリングすることで、サボにもあのホーロー板の使い込んだ感じが
出ているのが面白いですね!


★★ カトー キハ283
作者:ヨハン・ジュニアール5世さん  ブログ:「駄文」
「スーパーおおぞら」が標準で印刷されているこの車両、「北斗」にしたい方が
大勢いらっしゃるのは当然の事。人気のステッカーをキメていただきました(^^ゞ
貼り重ねでは暗くなるので透明プラ板で小加工、その効果はてきめんで、純正には
ない鮮やかな見映えとなりました。記事中の写真にご注目!


★★ マイクロエース キハ283
作者:しまっちさん  ブログ:『しまっち』の落書帳〜っ♪NEXT
この作品、実はキモがステッカーじゃないんです。283-900、つまり試作車に見立てた
この車両は頭上の補助灯が点滅するギミックを仕込んだ力作なのです(^^)。導光を手直し
したとの事、光り方も綺麗になり、点滅と相まって良い存在感を醸し出しています。黒色
部分の遮光性の良い「L’x(ルクス)」ヘッドマークもお役に立てたようでよかったです^^



★★ トミックス キハ261
作者: T.H.さん  
投稿作品:美軌模型店ブログに代掲しました
明かりをチューニングして車内とヘッドライト各部分の光色を追求した作品です。
なにしろ見た目と走りは非常に評判の製品ですから、これで光がカッコ良ければ
申し分ありませんね!行先表示に「L'x(ルクス)」を使用。室内灯がうまく照らして
LEDパネルの雰囲気が感じられます。黒部分が透過していない点にご注目!


★★ カトー キハ82
作者:くさたんさん  ブログ:「鉄道に萌え」
光を透過させやすいのが利点か欠点か?ヘッドマークの場合はあまり透過する
と印刷のドットが見えてしまうので、特にLED化する場合は貼り替えると見栄え
が良くなることが多いです。撮影の兼ね合いでライトが暗めに写ってますが、
こちらも改善済ですのでライト工作の項にて別記事をご参照ください(^^)


★★ カトー キハ85
作者:reiji(GS)さん  ブログ:「大人になれないオヤジたち」
普段は鋼製の塗装車両をこよなく愛する私めも、大馬力DCはステンレスも格好良く見えるのは
何故だろう(笑)。こちらのステッカーはまさにカトーのコレで寸法を出しましたので、合わせは
バッチリでございます(^^)v 。 作例は分解した上でステッカーを貼っておられまして、やはり
丁寧な工作をすると結果も綺麗だなあ、と、あらためて思いました次第です^^


★★ トミックス キハ40
作者:京橋行き 東西快速さん  ブログ:「片町線民のブログ」
光の透過、という観点で、ご自身で貼られたほかの車両と対比して写真撮影&感想をお書きです。
恥ずかしながら、こうしてお客様のブログを見るまで、この西日本の更新車はコンバージョンキットか
マイクロエースか、なんて思ってました(^^;) あくまで個人的な考えですが、この”顔”はファイナル
アンサー級のカッコ良さですね。実は寺前-和田山のステッカーも人気なんです。


★★ 各社 キハ31・40・41
作者:知佳さん  ブログ:「T.O. 重工の鉄道模型作製日誌」
ご自身で加工された車両に西日本タイプの黒幕を貼っておられます。綿密な運用計画の
もとで車両増備を進めておられまして、行先のチョイスの話も読んでて楽しいです^^
かなり美しい仕上がりの車両にステッカーがバランス良く合うか、ドキドキしましたが、
この値段でこの品質ならアリでは?という評価をいただきました^^


★★ カトー 12系
作者:管理局長さん  ブログ:「北海鉄道建設記」
「きらめきライト」の項でもご紹介した車両の、外観グレードアップ編です。
号車番号札、指定席サボ、行先表示のトリオで運用感がグッと増しています。
この製品も相当昔の設計ですが、こうして少し手を入れるだけで現代のものに
全くヒケを取らないのはさすがですね。



★★ トミックス 北斗星
作者:hayabusaさん  ブログ:HAYABUSA Train Factory Blog
なんと上野駅13番線の製作という壮大なプロジェクトに取り組んでおられる中、
北斗星にもさまざまな加工を施していてダイナミックです。その一環としてステッカーを
ご利用いただきました。号車番号札も見た感じ「L’x(ルクス)」のものに見えます^^
話は変わりますが架線集電の記事もかなり面白いです。


★★ 北斗星・夢空間
作者:エンゼル・エクスプレスさん  ブログ:「エンゼル・エクスプレス」
こちらの作品では「L’x(ルクス)」貼付に加え、自作室内灯から方向幕部分に導光して
光らせていらっしゃるそうです。発光色がきれいですね。やはりココが明るいと俄然車両が
活き活きします!実車は短命ともいえるほどあえなく引退しましたが、模型ではスターたる
地位に変わりはありませんよね。無理してでも乗っておけば良かった・・・・・・


★★ 24系 寝台表記
作者:Kwさん  投稿作品:美軌模型店ブログに代掲しました
ブルートレインは、こういった表記類のネタの宝庫です。そして、ひと味違う彩りを
添えるとしたら、その決定打はこちらでは?そう、ベッドに誘う、ムード満点の表記が
このドア上の寝台種別!小さいうえに両端が丸いですから、決してラクな作業では
ありませんが効果はご覧の通り絶大。少しずつ、コツコツ貼ってみませんか?


★★ カトー 20系客車
作者:ルート18さん  投稿作品:美軌模型店のブログに代掲しました
単刀直入に申し上げますと・・・きれい(^^)!! そして、作業なさるうちに「もう
少し上手く貼れてきました」とは作者様の弁。カトーの20系は幕部分に白色の
色入れ済ではありますが、ここに字が有ると無いでは大違いです。単純ながら
労力は使う作業、完成の暁にはきっと素晴らしい編成が見られることでしょう!


★★ カトー ナハネ20
作者:オレオレ!  ブログ:美軌模型店の待合室
そして、14/24系以上に小さく、精彩の極みと言えるのがこの20系。カドを丸めて、
形を合わせて切り貼りするのは極めて困難ですし、そこまでしなくても大丈夫です。
カドを45度に落として、大きめに切ったステッカーを押し込んでみてください。
Hゴム部分のホリが思ったより深いですから、結果はご覧のとおり!




★★ カトー 20系 
作者:管理局長さん  ブログ:「北海鉄道建設記」
で、正直に白状しますが、私はその根性がなくて、単品で買った上写真↑のナハネ
1両だけで実は挫折しております(笑)。それに比べて、この全編成を仕上げた方の
努力と根性ですよ!遠目に見ても、字が有ると無いではやはり全く違いますね!
カーテン等のディテールアップとともに、雰囲気はまるで別物のリアルさです。

 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

● お題:窓ガラス・手すり などなど

★★ 「ポリウレタン銅線」でパイピング表現・クモヤ443
作者:えーたんさん  ブログ:「えるが工房」
トミックスのクモヤ443タイプを、大改造で実車を忠実に再現した努力作!屋根上の
ディテールから床下機器の再配置に至るまで、自作部品を多く含め精緻に表現
なさっています。妻面配管に「ポリウレタン銅線」0.16mmを使用。そのまま塗装が定着
する素材なのを活かす工夫をされています。他部分の工作も参考になりますね(^^)


★★ 「ポリカ窓ガラス」でHMのシールド追加
作者:横浜模型さん  ブログ:「横浜模型の秘密基地」
ガラスの奥に引っ込んだ何かを表現するのは、プラの厚みが出来やすく目立ち
やすいプラ完成品車両の泣き所。しかし、そういう所こそが工作で生まれ変わる
ネタの宝庫です。この車両もヘッドマークに「ポリカ窓ガラス」を入れてツラ
イチ表現に成功。ガラスのシャープな反射が魅力ですね!


★★ 「ポリカ窓ガラス」でEF55の前面窓ハメコミ
作者:nari-masaさん  ブログ:「新湘南電鐵 横濱工廠」
透明度が高く、加工が容易で、接着も簡単。そんな夢の「ポリカ窓ガラス」の威力を存分に発揮!
かなり小さい前面窓、しかも両端が若干異形になっているようですので工作は結構大変だった
かと思いますが、ものすごく綺麗に取り付けておられます!ぜひ接着方法にご注目を。
あ、微笑ましい機関士さんのエピソードも必見です^^


★★ 0.15燐青銅線で展望車デッキを自作
作者:出雲 轟一さん  ブログ「奇車製造株式会社」  美軌模型店ブログに代掲しました
カトーのオハ31を改造して一等展望車に改造!その際、展望デッキ手摺用になにか細くて
丈夫な素材を・・ということで白羽の矢が立ったのが0.15mmの燐青銅線だったのだそうです。
両隅の支柱は0.5、豪華絢爛な「桃山式」の室内も丹念に作り込み、照明も「きらめきライト
室内灯8」をフルに活かして天井まで表現した渾身の作!


★★ ワールド工芸 東芝45t凸型電機
作者:nari-masaさん  ブログ:「新湘南電鐵 横濱工廠」
こちらは上記のポリカ窓ガラスに加え、「きらめきライト」で前照灯点灯化、そして
0.15mmの燐青銅線で手摺を表現、Nゲージ離れした細密感を演出なさっています。
まさに美軌模型店で提供している材料のオンパレードです。感謝感激(^^ゞ 。
牽引力強化の段も、小型車両好きにはおおいに参考になりますので是非ご一読を!


★★ ワールド工芸 川崎20t凸型電機
作者:nari-masaさん  ブログ:「新湘南電鐵 横濱工廠2」
一方こちらはひとまわり小柄な川崎の20t、前照灯はキャブのおでこに付いてます。
そして窓ガラスはポリカのハメコミ、誘導員手摺は0.15mmの燐青銅線、と
美軌模型店製品をフル活用してティテールアップ(*^^*)樹脂モールドの解放テコ
と手摺の太さの違いも表現されて好ましい印象に仕上げておられますね!



● お題:補重でパワーアップ!

★★ 鉄コレ阪堺電車 各形式
作者:虎やん さん    ソース:Youtube
鉄コレの路面電車動力装置を補重によって集電効率を改善し、低速域の走行性
を劇的に改善した作品です。車内に「シールウェイト」を2枚重ねて貼り付け
重量が非常に増加。元のウェイトは小さすぎますが、そもそも素質のある
動力ユニットだけにこれだけで実力発揮、といったところでしょうか(^^)


★★ グリーンマックス 小田急1000
作者:ヨハン・ジュニアール5世さん  ブログ:「駄文」
本来はステッカーを徹底的に貼りこなした労作であることがメインの車両ですが
ちょっとこちらで掲載させていただきました(^^)。スムーズと好評のGM新動力、
牽引力をもう一声!という時には「シールウェイト」を天井や床板側の隅に貼ると
結構な面積を稼げますので、少なからぬ効果を期待できます。